2018/10/16(火)仕事場のキーボード変更

ここ10日ほど腰痛がきつい(だいぶ良くなってはきた)nblogの中の人です。


仕事場のキーボードは特に規制なく自由に取り替えても良いので、私物のHappy Hacking Keyboard(以下HHKB)をつないで使っていました。このHHKB、自分が学生時代に購入したもので、もう10年近く前になります。もちろん US仕様です。HHKBはプログラマ向けキーボードなどと言われていますが、IT系の仕事と遠くなってしまった今でも愛用しています。

しかし、しかし、しかーし、いじめか何かわかりませんが、今年はEXCELの仕事が多い、多すぎる。

HHKBのUS版はカーソルキーがない(Fnキーとの組み合わせ使用)のです。EXCELを使うとストレスがマッハで加速していきます。というわけで、今年の1月に購入した中華静電容量無接点方式のniz84キーに取り替えました。このキーボード、自宅用として購入して使っていましたが、そもそも自宅だとノートパソコンを使うので、あまり使われていなかった物でした。

静電容量式特有のキーを押したときのスコスコ感はHHKBに負けますが、これはこれでアリでしょう。何より値段が安いのと、有線無線両対応なのがありがたい。しばらくはこのキーボードでお仕事です。

ちなみにIYHして66キーも持っていたりします、2台ほど…



OK キャンセル 確認 その他