メッセージ

2009年12月04日の記事

2009/12/04(金)VAIO W購入

先週末、知人がPCを購入するとのことで、付き添いで某大型量販店に行ってきました。


購入する機種は、すでにある程度しぼっていたらしく、本当に付き添ってるだけで終了だったのですが、ふと見かけたネットブックコーナーのVAIO Wに、小さな手書きのポップを発見!

わけあり32800円(外箱痛み)

さっそく店員さんに聞いてみると、外箱が痛んでしまったのでこの値段とのこと。実際に見せてもらいましたが、かなり悲惨な状態になってました。もちろん中身は無事でメーカー保証がつきます。

ここ最近ネットブックについていろいろ調べていて、その中でVAIO Wはちょっと注目していました。そんな関係で価格相場もチェックしていたので(ちなみに安くても40000円前後)、この時点で購入意欲100%でしたが、知人がPCを購入するので、一応値下げできるか聞いてみたらなんと30000円にしてくれるとのこと。まぁ知人のPCの値下げ分をいただいた感じです、すみません。

ということでVAIO W(白)ゲットです。


30000円のPCにあまりお金をかけても仕方ないので、HDDは160GBそのままでパーティションを分けてWindowsとUbuntuで使用予定、メモリは以前別のPC用に購入して余ってた2GBのメモリに交換しました。インナーケースも400円ほどの安い物(SIBG05BK)を購入。VAIO W用にhandmade felt caseというのも出ているようですが、さすがに5980円はスルーです。

ということでまたPCが増殖してしまったわけですが、値段も安い物だったので、1年ぐらい使いつぶせればいいかな、と思いつつUbuntuをインストールして遊びたいと思います。




2009/12/04(金)DSiLLのケース

任天堂のDSiLLが先月下旬に発売されました。


DSiLL自体にはあまり興味がなかったりするのですが、仕様を見てみると、
本体サイズ:横161.0mm×縦 91.4mm×厚さ 21.2mm
ちなみにmbookのサイズ(工人舎PM)は、
約158mm (W) x 約94.2mm (D) x 約13.5~22mm (H) (突起部含まず)

縦横3mmしか違いませんのでDSiLLのケースがmbook用として使えそうです。ちなみに現在は電子辞書のケースを使っているのですが、ちょっと縦方向があまりすぎなので、もう少しピッタリなのを探していたところでした。DSiLL用なら値段も手頃だろうしかなり期待して検索してみました。しかし、、、


本体が発売してからしばらくしないとケースは出てこないようです。


いくつかは、先週末に発売されたみたいなのですが、週明けにヨドバシakibaに買いに行くとすでに全部売り切れ。amazonの方も売り切れて予約入荷待ちになっていました。先月末まで購入金額に関わらず送料無料キャンペーンをやっていたので、amazonに予約を入れて放置しておくことにしました。忘れた頃に届くとことでしょう。

ケースとはまったく関係ないですが、DSと言えば、nblogの中の人は最近はラブプ(ryしかやっていません。




OK キャンセル 確認 その他