2009/12/07(月)GMA500でcompizを有効にする

Ubuntu9.10においてcompizを使ったほうが、デスクトップ描写が速くなるではないか、という想定の元、GMA500でcompizを有効にする方法をまとめてみました。

参考サイト
Ubuntu wiki - HardwareSupportComponentsVideoCardsPoulsbo
Otro Blog Más - Configurar en Ubuntu 9.10 la tarjeta gráfica Intel GMA500 y Compiz
参考サイトを見ながら、少し変更しつつ自分なりにまとめていきます。すでにGMA500を使えるようにしている場合は以下の「GMA500を使う設定」は読み飛ばします。

GMA500を使う設定

レポジトリを追加します。
$ sudo add-apt-repository ppa:kalon33/ppa
compizを使わない場合は、最小限の4つだけ利用します。
  • psb-kernel-headers
  • psb-kernel-source
  • psb-modules
  • xserver-xorg-video-psb
ちなみにカーネルイメージのバージョンが上がった場合は psb-kernel-headers と psb-kernel-source を入れ直す必要があります。しかし、psb-kernel-headers を削除する場合エラーが出るため、手動で /usr/include/drm-linux-libc を削除する必要があります。xorg.confを作成し、再起動するとpsbドライバが有効になっているはずです(mbookとVAIO Pで確認)

$ sudo vi /etc/X11/xorg.conf
Section "Device"
        Identifier      "GMA500"
        Option "AccelMethod" "EXA"
        Option "DRI" "on"
        Option "MigrationHeuristic" "greedy"
        Option "IgnoreACPI" "yes"
        Driver "psb"
EndSection

Section "DRI"
    Mode    0666
EndSection

compizを有効にする場合

さらに追加で、以下の3つをインストールします。依存関係でいくつかのファイルが追加でインストールされます。
  • poulsbo-driver-2d
  • poulsbo-driver-3d
  • psb-firmware
Synapticパッケージマネージャで「psb」で検索して、それっぽいのを全部入れてしまっても、問題ないと思います。
psb.png



/usr/bin/compiz の WHITELIST を編集して、psbを追加します。
$ sudo vi /usr/bin/compiz
# Driver whitelist
WHITELIST="nvidia intel ati radeon radeonhd i810 fglrx psb"

システム > 設定 > 外観の設定 > 視覚効果で、通常効果か追加効果を選択するとcompizが有効になります。細かい設定は「CompizConfig 設定マネージャ」を使うと便利です。
$ sudo apt-get install compizconfig-settings-manager


compizを有効にした場合と、無効の場合を比較するベンチマークがなさそう(そもそも環境が違う)なので、具体的な数字による比較はできないのですが、少なくとも体感的には向上してるようです。あくまで個人的な感覚なので、実際にパフォーマンスが上がっているかどうかはわかりませんのであしからず。

atomZ系CPUはあまりパワフルではないので、視覚効果を付けまくると逆に重くなるので注意です。
OK キャンセル 確認 その他