2010/02/05(金)トラックボールを変えた話

タイトルの通り、トラックボールを変えたお話です。


家電量販店のマウスコーナーに行くと、たくさんのマウスが置いてあって目移りしてしまうのですが、ちょっと大きめのお店だと隅の方にひっそりとトラックボールコーナーがあったりします。最近はトラックボールを販売してるメーカーは少なくなってきていますが、完全になくなってしまったわけではなく、たまーに新製品が出たりして、軽くチェックだけはしているつもりです。

そんなわけでnblogの中の人はトラックボール派(特にロジクール)です。自宅で使うパソコンにはトラックボールがつながっています。現在愛用しているのが1999年終わりぐらいに購入したロジクールの無線トラックボール(Cordless TrackMan Wheel)で、故障もせずに使い続けて10年ちょっとになります。今でこそノートパソコンを使っていますが、無線トラックボールの購入当時はデスクトップパソコンを使っていて、ケーブルをずるずる引きずるのが嫌だったため無線トラックボールを購入したのでした。値段は確か10000円ぐらいだった気がします。

何となく検索してみると2000年7月31日のPC Watchの記事で紹介されていましたが、確かこれはモデルチェンジの発表で、その前に無線トラックボールは発売されていたはずなのですが見つかりませんでした。前のモデルはロゴの位置が違っていて、こんな感じになります。
trackball.jpg



パソコンがデスクトップパソコンからノートパソコンに変わって、有線トラックボールならいざ知らず、無線トラックボールを使う理由がなくなったのですが、単3電池1本で数ヶ月動作するお手軽さもあって、気にせず使いつづけてきました。年に1回程度は分解して埃を取ったり、コロコロのところに油をさしたりする程度のメンテナンスはしていましたが、まったく壊れる気配はありません。

ロジクールがトラックボールの新製品をまったく出さなくなり、そろそろやばい(撤退)かなと思った2008年でしたが、なんと12月にモデルチェンジをしました。Cordless TrackMan Wheelはなくなってしまいましたが、有線に切り替えるいい機会だと思ってTrackMan Wheelを購入。しかし、例によって購入しただけで放置状態になっていました。


そして先日、Cordless TrackMan Wheelの電池が切れ、しかも単3電池の在庫もちょうどありません。今度こそ、と思ってTrackMan Wheelに切り替えました。

同じロジクールの製品とは言え、10年以上も使っていた製品と比べるのは何なのですが、実際に使ってみるとTrackMan Wheelのボールはかなり重く感じました。使っているうちに慣れるだろうと思ったのですが、毎日使うものですからガマンして使うのもおかしかろうと、何かいい方法はないか検索してみると、おもしろい方法を発見しました。


潤滑油として顔の油を使う


本当?と思いましたが、かなりお手軽なので実際に試してみました。ボールを顔につけてそのあと軽く拭き取ります。すると驚いたことにボールがとても滑らかになりました。人の物だとちょっと困りますが、自分で使うものですから汚いとか、そういうこともありません。

というわけで10年以上長く使い続けた無線トラックボール(Cordless TrackMan Wheel)はお休みして、メタリックグレーの有線トラックボール(TrackMan Wheel)を使いはじめました。今度もまた10年使えるといいけど、そろそろマウスやトラックボールといったオールドデバイスを何とかしたいと思ったりもします。




OK キャンセル 確認 その他