2013/11/08(金)劇場版 魔法少女まどか☆マギカ

劇場版 魔法少女まどかマギカ(新編)叛逆の物語を見てきました。


必ず見に行く、ではなく、時間があったらいいな、程度でしたが、1000円で映画が見れるメンズデーの日の午後が空いたので、ふらっと映画館に行ってきました。たまたま近所で上映していた、というのもラッキーでした。ちなみにテレビ版は見ていましたが、前編後編は見ていないので、劇場版を見るのは初です。

以下、ネタバレも含んでますので注意してください


まず見た感想はひとこと、「劇団イヌカレー」


テレビ版は、伏線回収も含めて割とうまく終わらせていた(とnblogの中の人は思っている)ので、そこからどのように物語を続けるのか気にしつつ、見ていましたが、そんなのは全部吹っ飛んでイヌカレーでした。要するに、終始イヌカレー空間だったわけですが、つまりはそういうことです。また、これはまどかとほむらの2人の物語だったので、立場の入れ替えネタはあるだろうな、と思っていましたがこれは案の定その通り。次回につなげる終わらせ方を考えると、私達の戦いがこれからだENDになってしまうのは仕方ないところでしょうか。この辺りのせいでハッピーエンドじゃない、って感想を言ってる人がいるのも事実ですが、ここでハッピーエンドにしちゃうと次作もQBががんばることになるので、こんなもんかと。まぁ毎回QBが仕掛けるお約束でもいいですけど、、、

あの魔女が出てきたのでマミる展開があるのかと思ったけど、それはなくて良かったです。


もし次作が出るなら、まどかvsほむら、になるんだろうなあ。



OK キャンセル 確認 その他