2019/12/01(日)ストレス発散でソシャゲ

ストレス発散でソシャゲ

いろいろなソシャゲをつまんでいるnblogの中の人です。


11月は仕事が忙しかったせいか、新規で始めてしまったソシャゲが多かったです。なぜソシャゲかというと、ガチャでブッパしてストレスを発散するからです。基本ストレス発散なので無課金(お金払ったらキリがない)なのですが、キャンペーンやプレゼントなどで、GooglePlayやAmazonコインをもらったときだけは(罠と知りつつも)課金しています。いわゆる微課金ってやつです。

ストレス発散は、基本リセマラガチャをやって終わる場合が大半なのですが、なんとなくそのまま続くゲームもあります。以下そんなものリスト。

ログインのみ

  • FGO
  • マギアレコード
  • ファイアーエムブレムヒーローズ
  • アナザーエデン
  • シャドウバース
  • ラストクラウディア
  • ブレイドエクスロード(11月開始)
  • FFBE幻影戦争(11月開始)

デイリーミッションぐらいまで

  • チェインクロニクル
  • FFBE
  • ロマサガリユニバース
  • プリンセスコネクト
  • アズールレーン

こうやってリストにしてみると結構やってます。

Written with StackEdit.

2009/03/17(火)街 ~運命の交差点~

部屋の掃除してたら未開封(?)で出てきたPSPの街 ~運命の交差点~というゲームを遊んでみました。


サウンドノベルシリーズのゲームで、評価はかなり高く(でもあまり売れなかったらしい)あとで遊ぼうと思ってとりあえず購入しつつ忘れていたという、いつものパターンです。サウンドノベルシリーズは弟切草、かまいたちの夜、を当時スーパ-ファミコンで遊んでいましたが、この「街」だけはプレイしていませんでした。セガサターンは持っていたのに理由は不明です。

従来このシリーズは人物がシルエットのみだったのに対し、「街」は実写になったのが大きな変更点だと自分は思っています。ゲームを始める前は、実写になるのはイメージを損なうということでどうかと思っていましたが、遊んでみて自分の考えが浅はかだったと思い知らされました。「The wrong man 牛」と「The wrong man 馬」は、その典型でこれはシルエットでは表現できないストーリーであるし、「やせるおもい」もシルエットだけだと表現しにくいストーリーであるといえます。こればかりは遊んでみないとわかりにくいかもしれません。

PSPで、お手軽に遊べるどころか、どっぷりはまってしまう可能性が高いと思いますが、今なら低価格なBESTも出ていることだし、おすすめできるゲームです。