2009/03/17(火)街 ~運命の交差点~

部屋の掃除してたら未開封(?)で出てきたPSPの街 ~運命の交差点~というゲームを遊んでみました。


サウンドノベルシリーズのゲームで、評価はかなり高く(でもあまり売れなかったらしい)あとで遊ぼうと思ってとりあえず購入しつつ忘れていたという、いつものパターンです。サウンドノベルシリーズは弟切草、かまいたちの夜、を当時スーパ-ファミコンで遊んでいましたが、この「街」だけはプレイしていませんでした。セガサターンは持っていたのに理由は不明です。

従来このシリーズは人物がシルエットのみだったのに対し、「街」は実写になったのが大きな変更点だと自分は思っています。ゲームを始める前は、実写になるのはイメージを損なうということでどうかと思っていましたが、遊んでみて自分の考えが浅はかだったと思い知らされました。「The wrong man 牛」と「The wrong man 馬」は、その典型でこれはシルエットでは表現できないストーリーであるし、「やせるおもい」もシルエットだけだと表現しにくいストーリーであるといえます。こればかりは遊んでみないとわかりにくいかもしれません。

PSPで、お手軽に遊べるどころか、どっぷりはまってしまう可能性が高いと思いますが、今なら低価格なBESTも出ていることだし、おすすめできるゲームです。




OK キャンセル 確認 その他