2009/02/28(土)インナーケース

ThinkPad X200sを入れるインナーケースについてです。


ノートPCをそのままバッグやリュックに入れる人もいますが、自分はインナーケースに入れる派です。そしてインナーケースの選び方は人それぞれだと思います。もっとあるかもしれませんが、だいたい以下の4点ぐらいが選択の目安になるのではないでしょうか。
  1. 軽さ・大きさ
  2. 価格
  3. 耐衝撃性
  4. 持ち運び易さ
1の軽さ・大きさは小型のノートPCなら特に重視されると思います。小型軽量が売りのノートPCがインナーケースに入れたら、大きくなりましたor重くなりました、ではさすがにちょっと、、、と思ってしまいます。

2の価格は、ネットブックのような低価格のPCでは重視されるような気がしないでもありませんが、もともとそんなに高いものではないのであまり気にしなくても大丈夫かと思います。一応安いネットブックなんかだと、本体を4万で購入しました、でもケースは1万(インナーケースで1万とかあまりなさそうだけど)しました、なこともありうるので一応書いてみました。

3の耐衝撃性は大事(しかも高価)なノートPCですから、物をよく落とす人は重視したほうがいいかもしれません。インナーケースに入れてるからといって落としていいわけではありませんが、落としても大丈夫的なうたい文句が書かれてるインナーケースも売ってたりします。

4の持ち運び易さはちょっとわかりにくいので説明すると、インナーケースというぐらいなので、バッグに入れるのが前提だと思いますが、バックに入れなくてもインナーケースのまま持ち歩く、というのを想定してます。それってすでにインナーケースじゃないんじゃね?と思う人もいるかもしれませんが、ショップに行くとインナーケースとしてもそのまま持ち歩いてもOKなケースが売ってるのでそういうのがニーズがあるのかな、ということで入れてみました。


自分の場合はできるだけ軽くなるようなケースを選ぶ傾向があります。価格は安めで、落とすことはほとんどないので衝撃性は重視せず、インナーケースのまま持ち運ぶことは年数回程度なので、持ち運び易さとかはほとんど考慮しません、という基準で選択すると、、、

実は自分の要求に合うインナーケースはPC用ではなくて東急ハンズのトラベルコーナーに売っていました。SIZECASEという名前が書いてあるウレタン素材のケースで、厚さ5mmで巾着、お値段も1000円以下(サイズにより多少変動)というお手頃ケースです。色も数色有り、適当に使い分けていました。

しかし、このウレタン袋もいつしかモデルチェンジして厚さが10mm(今まで5mm)になってしまいました。耐衝撃性はとても上がったのですが、ノートPCを入れるとかなり分厚くなって、バックに入れるのには不便です。また巾着なのは従来通りなのですが、口のところにメッシュがついてノートPCだと出し入れしにくくなってしまいました。ちなみに今だと東急ハンズに行かなくてもネット通販で購入できるようになってます。以前の薄いウレタン袋は再発売されないかとたまーにチェックしていますが、今のところはそういう気配はありません。

ちょっと脱線しますが、同じような製品はArvel(バッファローコクヨサプライ)にもあるのですが、ヨドバシで現物をチェックするのをいつも忘れています。


ということで、かなり前置きが長くなってしまいましたが、X200sを入れるケースとして今回選んだのは、、、

BUILT NY "Cargo Sleeve"

ちょっと値段が高いのがアレですが、これにしました。個人的に巾着が好きなのですが、近日中にインナーケースのまま持ち歩く機会が増えそうなのと、そのときに周辺機器を収納できるというのがポイントでした。ヨドバシに置いてあった(お値段も同じ)ので、実際に触れて確認できたというのもあります。素材は薄くて柔らかく、とてもよくのびます。

ちなみにMacBookも入るということらしいですが、試しに入れてみたらパンパンでした。



OK キャンセル 確認 その他