2008/09/20(土)モバイルノートPC

今日は珍しくノートPCでいろいろ雑務をこなしているので、自分の使っているノートPCの紹介です。

最近はAtomプロセッサを使った低価格なモバイルノートPC(ネットブック)が多く発売されていて、それはそれでちょっと気になったりするのですが、自分は2006年に発売されたHPのnc2400というノートPCを使っています。

ちなみにその前はThinkPad X40を使っていたのですが、HDDから異音が発生してきたので、別PC(nc2400)の購入を決めました。結局ThinkPadX40は今でも元気だったりするのですが、当時後継機の2510pが発売されたばかりで値段が下がってきた、nc2400を購入しました。

購入の決め手は、液晶の解像度がXGA(1024x768)より大きいこと、タッチパッドがないこと、でした。ちなみに後継機である2510pや、先月発表された2530pはタッチパッドもついています。おそらくタッチパッドの機能をつぶすことはできると思うのですが、無駄な物はついていないことが美学(?)なので、しばらく後継機に買い換えることはないと思います。2530pはメモリが2スロットあるのが魅力的なんですけど…。nc2400はメモリは1スロットで当然2GBを挿しています。nc2400はvistaモデルだったのですが、他にvista環境を持っていないので、一応消さないでそのまま使っています。ただ個人的にvistaは使いにくいので、USB接続のHDDからubuntuを起動して使っていることが多いです。

nc2400を購入してみてよかったことは、キータッチが昔のThinkPadライクでとても使いやすいものだったということ。メンテナンスマニュアルが公開されていて、英語キーボードに自分で交換できたこと。そしてこれは自分だけかもしれませんがユーザーが周りにいないのが、ちょっとだけうれしいこと。

車移動が多いので、nc2400ではなくもう少し大きなノートPCを使う機会が実は多かったりするのですが、結構気に入っているノートPCなので大事に使っていきたいと思います。
OK キャンセル 確認 その他